企業がコーディング代行を最大限に活用するためのポイント

企業がコーディング代行を最大限に活用するためのポイント 今の時代、コーディング代行を単なるアウトソーシングとしてとらえているようでは、システム管理やSEO、ウェブデザインなどの面で他社に後れをとってしまいます。コーディング代行を依頼するにあたっては、そのメリットを最大化させられるポイントについて一つひとつ把握しておくことが基本といえるでしょう。

一つめのポイントは、仕様書をしっかりつくるということです。依頼にあたっては仕様書がすべてのベースとなり、一連のコミュニケーションの土台にすべき資料となります。基本的にエンジニアは、仕様書に書かれていることしかできません。契約時に仕様書を細かく作成しておくことももちろん大切ですが、その後のコミュニケーションにおいても、エンジニア側の細かい指摘や質問にも迅速に対応できるように、システムを整えておくことがより重要になります。

やむを得ず仕様書を変更する場合にも、その都度エンジニア側との間にコンセンサスを取りつけ、変更後のスケジュールについても負担が極力少なくなるように調整する必要があります。さらに、指示を一貫させるというのも大きなチェックポイントです。要するに、エンジニア側との緊密なコミュニケーションがアウトソーシングにおいて何よりも重要であり、委託のメリットを最大化させるためのポイントと言えます。

最新ニュース