コーディング代行業者で働くプロフェッショナルたち

企業にとっては今やコーディング代行はひとつの常識であり、今さら深く解説する必要もないかもしれません。ただ、ウェブシステムそのものにあまりなじみのない方にとってはコーディング代行業者そのものが一種のブラックボックスであり、日常とは無縁な世界のように感じられるかもしれません。

コーディングのプロフェッショナルとしては、システムエンジニア、プログラマーなどの職種が挙げられます。いずれもコーディングについて知り尽くした専門職ですが、その職域については厳密に棲み分けがされており、複数の職種の分業体制によってひとつの案件が進められていきます。

コーディングというと単純にプログラムを記述するだけのようですが、実際にはシステム全体の保守管理も含まれており、「ウェブが動く仕組み」からコンピュータ内部の構造について詳しく把握しておかなくてはなりません。

さらに、エンジニアとしてのランクが上がるとシステム全体の構築をまかされたり、サーバー常駐の保守管理などの依頼が増えてきたりしますので、新人のうちから少しずつプログラムについての専門知識を深めていくことがポイントになってきます。実際にはプログラマやデバッガーなどからの転職者が多く、企業のほうも即戦力をもとめる傾向にあるようです。